プロフィール

梶原ときよしのプロフィール

自宅の庭にやってくるやまがら

1957年 広島県に生まれる。
四人兄弟の末っ子として育つ。父は戦後ソビエトの捕虜となり、シベリアに抑留されました。また、叔父は広島に原爆が落とされた3日後に救援隊で広島に入り、二次被爆し、白血病で亡くなりました。父や叔父から戦争や原爆の悲惨さを聞いて育ち、広島での22年間で命の大切さと平和への思いを育みました。
1980年3月 広島経済大学卒業。 
同年4月 積水ハウス(株)入社 松山支店勤務。
2009年8月 高知支店・部長で退職するまで29年間在職(25年間は松山支店勤務)。その間、サラリーマン新党とともに消費税違憲訴訟に原告として参加。
1994年 多発するいじめ問題を解決する糸口として、親子の自然なふれあいとコミュニケーションを重視する「リビング階段」を考案し開発。ハード面を重視する住宅業界に、住まい方の革命を起こし、以後積水ハウスだけでなく全メーカー、全国に広める。
この年から南海放送ラジオ番組「山ちゃん、梶ちゃんの納得の住まいづくり」他のパーソナリティを13年間務める等、「仕事を通して社会に貢献する」というテーマを実践してきた。
1998年 平和と人権を守る市民団体「松山市民ネット」をつくり、現在に至る。
2010年 松山市議会議員初当選
全定例議会で質問・再質問あるいは討論を行ない、これまでのセレモニー化した議会に風穴を開ける。
2014年 松山市議会議員2期目の当選
市所有施設への新電力導入をはかり、1億円以上の税金の無駄遣いをやめさせる。


〈議会内活動〉
■ 市民福祉委員会委員
■ 議会運営委員会委員
■ 松山市発注工事調査特別委員会委員

  (裏金疑惑を追及)
■ 都市企業委員会委員
■ 産業経済委員会副委員長
■ 松山市土地開発公社理事
■ 松山市議会観光振興議員連盟理事
現在は…
■ 文教消防委員会委員
■ 水資源対策検討特別委員会委員
■ 議会内会派「ネットワーク市民の窓」代表


1991年より湯の山に在住。 妻と二人暮らし
(三人の子どもは独立)。あと愛犬のノンちゃん。
現住所/松山市湯の山4丁目1-5 TEL・FAX/977-8586